雲の上に木を植える

¥ 1,955 税込

加算ポイント:36pt

商品コード: ZZ001

関連カテゴリ

  1. 書籍
数量

竹炭職人、株式会社サクセス・アイの創設者である恵じぃの集大成の本です。
これを読めば、竹炭の使い方・効果・不思議、その活用、様々な応用方法から恵じぃの人となりまでの全てが判ります。

どうしてサクセスアイの竹炭商品って凄いの?雲の上に木を植えるって何?
それは、この本を読んでいただければきっと理解して頂けることでしょう。
恵じぃ節も冴え渡り、楽しく非常に興味深い内容となっています。
竹炭に興味がある人だけでなく、環境・健康に関心がある方、病気のご本人やその家族や友人にも大変お勧めな本です。

著者: 新野 めぐみ
挿絵: なかはらかぜ
発行: Eco・クリエイティブ
サイズ: B6版376ページ

【送料無料をご希望の方】
書籍のみのご注文であれば送料無料サービスがございます。ご注文はこちらから

【まえがきより】
 竹炭の作用や効果はとても不思議で、本当にわけが分かりません。
効果を一言で表現すると、「竹炭は、あらゆるものの本来性を引き出す」ようです。そしてそのエネルギーは、調和の方向に作用しています。したがって、作用は一様ではなく、陰、陽、いずれの領域にある状況もすべてゼロ位置に移動させ、バランスさせます。ゼロ位置を〈本来性〉、調和させる力を〈愛情〉、調和した状態を〈愛〉と読み変えることができるとすれば、竹炭は「愛の塊」と言えるかも知れません。こう考えてくると、地球上に起こる気象上の出来事も、身の回りの環境変化も、二元的な視点を持てば、すべて調和のための必然であり、感謝すべきことなのでしょうが、一元的にものを見る習慣が完全には捨て切れていない自分としては、なかなか受け入れ難い考え方ではあります。
 (中略)
 最近、「エッチな私も許してあげる…」ことができるようになりましたし、「よこしまな私って大好き!」とも言えるようになりましたから、少しずつですが、調和の方向への歩みが始まっているようです。「縦縞だけでは布にならないでしょう」などと、自分のよこしまさを正当化しているのですが、今まで欠点と考えていた自分の性格も、自分らしさを構成する大切な要素であると考え、今のままの自分を丸ごと受け入れ、愛し始めたとき、自分探しの旅の出発点に立てるような気がしています。